Anker PowerCore 10000

Anker PowerCore 10000を購入した。

powercore10000

付属品は本体、ポーチ、MicroUSBケーブル。写真内のLightningアダプタは付いてこない。

購入動機

  • cheero Power Plus 3 13400mAhを使っていたが、そうそう使い切ることが無いことと、重いことが気になっていた。また2ポートを同時に使うこともあまりないし、端子によって出力仕様が異なるためケーブルを挿すときに確認する必要などがあり、そういう細かい点もストレスであった。
  • 10000mAhの容量を持ちながらも小さく軽い。何よりも軽さが魅力である。
  • 特別高いということもない買いやすい価格である。

使用感

東京から大阪へ出張する機会があり、その際にお供として持って行った。

  • iPhone6S、モバイルSuica用のAndroid端末の面倒を丸一日担うのには十分だった。
  • iPhone6Sには1000mAで入力される。iPadやAndroid端末などによっては2A前後で供給され、IQは効果的に機能しているとみてよいだろう。1ポートしかないが、「どの機器をつないでも最適な充電が行われる」ことがストレスフリー。
  • 表面がマット加工されていて汚れが目立ちにくい。
  • 日頃インナーバッグにガジェット関連のグッズを収納しているが、充電のためだけにそれを漁るのが億劫であったけれど付属ポーチとケーブルとLightningアダプタで完結できた点が良かった。アダプタ付きのMicroUSBケーブルにするともっと取り回しが良いかもしれない。

ノートパソコンでは1000g、モバイルガジェットでは200gというのが体感に結びつくボーダーラインのように感じる。そういう点でPowerCore 10000は体感できる軽さでありおすすめだ。